「歩行者ファースト路線」

Q.権守幸男 議員(公明)

県警察は、歩行者保護の定着を図るため、県内39警察署が選定した「歩行者ファースト路線」において指導取締りや啓発、安全教育、標識・標示の維持管理を重点的に行っています。路線の選定基準は5つです。
1、センターラインがある片側1車線道路で、かつ信号機のない横断歩道がある。
2、日中の時間帯で1分間に3~8台の交通量がある。
3、過去に横断歩道上における車両対歩行者事故の発生がある。
4、横断歩道における歩行者優先ルールが徹底されていない実態がある。又は地域住民からの取締り要望がある路線。
5、推進上の利点が期待できる路線。
平成30年度時点では13区間だったものが、今年4月1日から44区間に拡充されています。私は、この路線の選定基準に照らし合わせると、もっと指定するべき路線があると考えます。今後の取組について、警察本部長の見解をお聞きします。
 

A.高木紳一郎 警察本部長

県警察では、横断歩道の歩行者優先ルールの定着化を図る必要性が高い路線について、歩行者ファースト路線として指定し、街頭キャンペーンや交通指導取締り等の各種取組を重点的に講じております。
平成30年度に指定した13区間の中から抽出した信号機のない横断歩道6箇所において、一時停止率を調査したところ、5箇所で停止率が向上いたしました。
このようなことから、引き続き、この対策を推進し、定期的な検証を基に、取組の更なる改善や新たな路線の指定等を検討してまいります。
 
 
上記質問・答弁は速報版です。
上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

定例会

TEL 048‐822‐9606 FAX 048‐822‐9408
埼玉県さいたま市浦和区高砂3-15-1

定例会

PAGETOP
Copyright © 埼玉県議会公明党議員団 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.