広報啓発

Q.権守幸男 議員(公明)

本県は今年3月、県公式ユーチューブチャンネルでアニメーション動画による広報啓発を始めました。10月1日現在の再生数は1,476回。私は、多くの県民の目や耳に届かなければ、期待する効果は見込めないと考えます。コロナ禍の中、公明党議員団は今年4月からユーチューブで、埼玉県議会公明党オンラインニュースによる広報活動を始めました。いかに人に見てもらうか、視聴回数を増やすために大変苦心しています。
そこで、本県は今後、動画を活用した県民への広報啓発をどのように行うのか、県民生活部長の見解をお聞きします。
また、JAFが平成30年10月に公表した実態調査によると、横断歩道停止率が0.9%で全国ワーストワンになった栃木県は、「止まってくれない!栃木県からの脱却」をスローガンに掲げ、取締りの強化や広報活動を強化する一環で、スポットCM「脱!止まってくれない『栃木県』」を平成31年3月に制作しました。中にはユーチューブなどで御覧になった方もいるのではないでしょうか。
私は、先日、栃木県に伺い、担当者から話を伺ってきました。要旨は、次のとおりです。
まず、話題性を作らなければ県民には届かない。そこをあえて全国ワーストワン、停止率0.9%のショッキングな結果を逆手にとり、皮肉った自虐的なCMコンセプトにしました。とちぎテレビで昨年度は4月3日から、平日、土日、祝日関係なく毎晩2回、夕方6時台と夜9時台に放送しました。放送開始直後からSNS等で話題になり、賛否の反響に手応えを感じたとのことでした。
その後、広報啓発の効果がはっきりと出ました。取締りやCMが話題になったことも追い風になって、令和元年度のJAFの実態調査では、これまで0.9%だった停止率が13.2%に、全国第29位へと大きく躍進。栃木県は全国ワーストワンを脱却しました。停止率アップは、最大の眼目である歩行中死者数の軽減にも表れ、令和元年度では前年比マイナス11.5%です。栃木県は更なる停止率アップを目指して、第2弾「まだまだ止まってくれない栃木県」を今年度、公開しました。
本県は、今後、栃木県が制作したCMを参考にした広報啓発を行うべきと考えますが、県民生活部長の見解をお聞きします。
 

A.山野均 県民生活部長

まず、「今後、動画を活用した県民への広報啓発をどのように行うのか」についてです。
横断歩道を渡る者がいる場合、車両は停止しなければならない。このことは道路交通法に明記されています。しかし、実際に停車する自動車は少なく、歩行者保護が徹底されていないのが現状です。
そこで県ではドライバーに歩行者優先の意識を高めていただくため、横断歩道手前での停止を促す動画を作成いたしました。
現在、ユーチューブの県公式チャンネルで公開している他、今年9月の全国交通安全運動期間中には、テレビ埼玉で1日2回、計20回放送したり、御協力をいただいた金融機関の約90店舗で放映を行っております。
今後も、まずはドライバーへの周知を徹底するため、運輸事業者など約180の企業などに動画DVDを配布し、従業員の方などへの啓発を働き掛けます。
また、多くの県民に目にしていただけるよう、人の集まるショッピングセンターに協力を依頼し、広告モニターでの放映などをお願いいたします。
更に、県公式チャンネルに気軽にアクセスしていただけるよう、動画サイトに直結するQRコードを掲載したチラシを13万枚作成し、市町村や警察などを通じて配布いたします。
今後とも、一人でも多くの県民に目にしていただけるよう、一層の工夫をしてまいります。
次に「栃木県が制作したCMを参考にした広報啓発を行うべき」についてでございます。
栃木県の事例は、議員御指摘のとおり、ショッキングなキャッチフレーズで話題性を高めて成功した事例であり、大変参考になりました。
本県の動画でも、埼玉県の形をデフォルメした特徴あるキャラクターが横断歩道前での停止を呼び掛けるという工夫をしております。
今後とも、他県の事例なども研究しながら、県民の目や耳に届いて、心に刺さって、行動変容につながる、実効性の高い広報が展開できるよう取り組みます。
 
 
上記質問・答弁は速報版です。
上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

定例会

TEL 048‐822‐9606 FAX 048‐822‐9408
埼玉県さいたま市浦和区高砂3-15-1

定例会

PAGETOP
Copyright © 埼玉県議会公明党議員団 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.